본문 바로가기 대메뉴 바로가기
メニューを閉じる

バイオ非臨床大学院

紹介

バイオは人類生存と経済成長の確信的な鍵であり、人類の難題解決と新たなグローバル成長エンジンとなっています。また、国民の健康な生活を維持するためにもバイオ産業は絶対的に必要です。バイオ産業の主要課題は新薬開発であり、新薬開発の流れは伝統医薬品、合成新薬、バイオ新薬、そして遺伝子基盤の新薬として変遷し、これに合わせた新薬開発に向かっています。新薬開発は全世界的にFTA締結などによりグローバル競争時代に突入しました。よって臨床試験の前段階である安全性及び有効性評価分野のグローバル標準を履行し非臨床実験(GLP)分野の世界水準研究を遂行する専門人力の養成が切実に求められます。本大学院では生命科学全般に渡り勤務していたり、勤務を希望する人材を対象に多学制的接近と産・学・研・管を通じオーダーメード型教育を通じた非臨床実験の人力養成を目指しています。

課程紹介

修士課程 : 毒性評価学科